ヘッダー調整
 
記事詳細  >  記事一覧  >  記事詳細

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』第8話配信を記念した上映&トークイベントが開催。中村悠一、木村良平らが第8話の衝撃を語る

 
(ユマ) 2017/07/17 13:14
 
有料配信で大ヒットを記録したガンダムシリーズ『機動戦士ガンダム サンダーボルト』の最新作、第8話が7月14日正午に配信が開始いたしました。ついにクライマックスを迎えたことを記念し、上映&トークイベントが実施された。
本イベントにはメインキャストの中村悠一さん、木村良平さんのほか、菊地成孔氏(音楽)、小形尚弘氏(サンライズプロデューサー)も登壇。第8話はもちろん、本エピソードで使用された音楽についてなど、さまざまな話題が飛び出した。

1.jpg

8話をご覧になっての感想。
【中村悠一さん】
まさか、というところで終わってしまい…(木村良平さん:「ここでえええええ??!!!???というとことでしたね。もう、ここで放り出すわけにはいかないですよね!」)まぁ今回第2シリーズをやらせていただくと決まった時から嫌な予感はしていたんですけどね(笑)今なお、原作も続いているので決着をつけるのは難しいことはわかっていたんですが、改めて映像で見るとすごくもどかしいところで終わってしまいましたね。イオ的にはこれからというところで終わってしまったのでまだまだ続きをやらざるを得ない!ですね。

【小形プロデューサー】
8話は実はすごく絵の枚数がかかっているんです。今までは抑えていたとは思うんですけど…普通テレビシリーズだと多くて5000枚のところ、サンダーボルトは18分の映像で14000枚使っているんです。(キャスト・会場から驚きの声)みなさんに応援してもらって、また何本もつくれるようにしたいですね。

印象に残ってるシーン・好きなシーン
【中村さん】南洋同盟の坊さん達がせめてくるところはすごく異質な感じがして、お経っぽい音楽がすごく怖かったですね。

【木村さん】8話はやっぱりダリルの戦闘シーンですね。原作を読んでいたときから楽しみしょうがなかったので、そこがやれてうれしかったです。

【小形さん】お経の音楽は、実は1シーズンのバロウズ艦長役の声優さんが読んでいるんです。ダリルの戦闘シーンは当初の想定を超えるくらいこだわっていましたね。普通メカの設定画を作るときは4~5枚あれば足りるのですが、今回のアッガイは設定資料が100枚くらいありましたね。(笑)

初公開になった特報映像の感想
【中村さん】
エクスペンダブルズみたいでしたね(笑)パソコンで先に見させていただいたんですが、劇場で聞くと全然音の迫力が違っていてとてもいいですね。今日の特報映像だけでもすごかったので、本編はとんでもないものが出来そうで楽しみですね。

【木村さん】追加シーン用、ということでいろいろ収録しているセリフもたくさんあるのでそれがどんな風に構成されて映画が完成するのか楽しみですね。たくさん録ったので、カットされないことを願います!

【小形さん】
劇場用に音も貼り付けなおしているんです。ぜひ劇場でみていただきたいですね。11月に公開されたときは、また監督から直接いろいろ語ってもらえればと思います。前回の劇場版では、戦闘シーンを足しただけでしたが今回はそれだけではなく、それぞれのキャラのドラマシーンもたくさん盛り込んだので、ぜひ楽しみにしていただきたいですね。録らせていただいた声はもちろん、しっかり使わせていただきます!(笑) アトラス、アッガイの戦闘シーンもこれでもか、というほど増えると思います!

今回の第二シーズンで松尾監督と話したこと
【菊地さん】第1シーズンのときはまず音楽の必然性というものがあって、イオとダリルが戦闘中にラジオで音楽を聞いているという設定があるからそれに沿ったオーダーがあったんですが、今回の第2シーズンではさらにオーダーが増えて(笑)。今回劇中で、ビアンカがピアノを弾いて、イオがドラムを叩いてというセッションのシーンがあるので、ふたりで演奏するデュエット曲をつくってくれと言われました。実は予告編につかうために、その曲だけ先行して去年のクリスマスに録音したんです。ピアニストの桑原あいちゃんとドラマーの山田玲くんにお願いしました。そこからいろいろと録っていったんですが、
第2シーズンではテーマ曲も新たに書き下ろしました。
今回はダリルの曲もガラッと変わりましたね。漠然とですが、今回は昭和歌謡をテーマしました。前作はアメリカのオールディーズをイメージしていましたが、アメリカのファンから、日本語の曲が聞きたいという声もありまして、今回は日本語の歌詞にしています。英語で作詞したものを日本語に訳したので、英詩のテロップを映像に流してもらうようにお願いしました。前回とは逆転しているんですね。

あとはお経ですね。松尾監督からいろいろなバリエーションをつくってほしいとお願いされました。全体的に今回は、前回に比べて松尾監督のお願いが増えましたね(笑)聞けばわかるくらい有名なお経をつかっているので、わからないように逆再生しているですよ。このアイディアは、時間がなかったのでいいや!って逆回転することにしたんです。

元がしっかりしているお経なので逆回転してもきちんとお経っぽさが残っているんですよね。(中村さん「知りたい人は逆再生すればいいんですね、サントラがすごい売れますよ…。」)

今回の音楽への感想
【中村さん】
本編で「ジャズが聞こえたら、ぼくだよ」っていうのがあるじゃないですか(木村さん「そんなかわいい感じでしたっけ(笑)」)それが、観ている人達にとってもそうなんですよね。あの音楽が流れてくると連邦サイドのお話にいくんだ、って話の流れが変わるということがすごく伝わりやすいな、と思います。今回はお坊さんも入ってきて焦点も増えたのでより音楽が効果的だなと感じましたね。あと、お経が聞こえてくると怖いなと思いました。

(これまでの音楽で)一番印象的なのはやっぱりテーマ曲ですね。普通のアニメーションではないような音楽で、ガンダムのゲームをやってるときに流れてくるのを聞いても、サンダーボルトだけ他のガンダム作品とも全然違う異質な感じがすごくいいですね。

【木村さん】
今回、ダリルとイオのそれぞれのシーンが頻繁に切り替わるのですが、曲のあるおかげで、いまどっちのシーンなんだろう、というのがすごくわかりやすかったです。あと個人的にはアッガイの目でダンスがかわいくて(笑)すごい好きでした。ポップな楽曲が流れると一気に雰囲気が変わるのもとてもおもしろかったですね。

メカニックだけでももちろん楽しめるんですが、そこに印象的な音楽が乗っかることでさらに楽しみが増えるのはこの作品の強みだな、と思いましたね。イオとダリルの音楽が対になっているのもとても印象的ですごく好きですね。

【菊地成孔さん】
アニメの曲は大変ですね。ルパンのほうがまだ楽でした(笑)でもおかげさまで、アメリカのガンダムオタクのミュージシャンがたくさんいるんですが、ジャズの世界で第一線で活躍しているミュージシャンの“サンダーキャット”が「いま一番やばいのはサンダーボルト」とツイートしてくれたりするんですよ(笑)

ニューヨークでの公演も決定したので、これからもどんなふうに広がっていくか楽しみですね。作詞に関しては、サントラがでることはきまっていたので、曲だけで聞いていても成立することを心掛けました。一番お気に入りの曲はイオとビアンカのセッションである、ドラムとピアノの曲。全部で7分の作品ですが、1分半くらいしか使われていないのでぜひ全部きいてほしいですね。

最後にみなさんから一言ずつ。
【小形さん】
今はまだ言えないこともありますが、秋は劇場にきて楽しんでいただきたいです。

【菊地さん】
とてもこだわって作っているので、とにかく監督の健康が心配ですね。
若いエネルギーが満ちている作品なのでとても楽しみですね。それに合わせてニューヨークでの公演も楽しみにしていただければと思います。

【木村さん】
トレーラーでみただけでもやっぱり劇場でみるといいな、と思ったので本編が劇場上映されたときにはぜひ映画館に足をはこんでもらいたいですね。そして見てもらってめっちゃ面白かった!と大きな声でいっていただければ、きっと続きができると思うので!(笑)末永くよろしくお願いいたします。

【中村さん】
今回8話で終わってはいますが、毎回新しいお知らせが出来ているので11月に上映したときにも、また新しいお知らせができるといいな、と思います。音楽との結びつきが強い作品なので、それと絡めたことが出来たらいいですね。引き続きよろしくお願いいたします。

公式サイト

画像一覧
 
 
 
HUGYUTTO