ヘッダー調整
 
記事詳細  >  記事一覧  >  記事詳細

『プリティーリズム・レインボーライブ』一挙上映会に菱田正和監督、シリーズ構成の坪田文が登場。故・井内秀治の思い出話も

 
音楽 / ファミリー・一般向け / CG (ユマ) 2017/02/12 04:01
 
2.jpg
新宿バルト9 10周年記念「プリズムの煌めきを、あなたに!夜のプリティーリズム・レインボーライブ』4週連続一挙上映会!!の第1夜となる本日、TVアニメ『プリティーリズム」シリーズの監督を務めた菱田正和氏、そしてスペシャルゲストとしてシリーズ構成の坪田文氏が登壇し、当時の想い出や見どころを語った。

「プリズムの煌めきを、あなたに!夜のプリティーリズム・レインボーライブ」4週連続一挙上映会!!は、新宿バルト9の10周年を記念して特別に開催されるイベント。TVアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」の全51話と劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」を4夜に分けて一挙上映するという企画。
第1夜は2月11日(土)、第2夜は2月18日(土)、第3夜は2月25日(土)、第4夜は3月4日(土)に開催されることが決まっており、チケット発売と同時に瞬時に売り切れたため追加上映が決定するなど、TV放送から3年を経った今もなお人気を集める作品だ。

劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の舞台挨拶以来の登壇に菱田監督は「何度ここに来たことかわかりませんが、もう導線がわかっちゃうのが悲しいです。」と笑いを誘うと、坪田氏は「(監督の登場を見て)監督は本当にアイドルになっちゃったんだなぁって思いました(笑)。こうやってたくさんの方が観に来てくれたことが本当に嬉しいなと思います。」と続けて会場を沸かせました。

また、一緒にシリーズ構成を務めた故・井内秀治氏とは、特に思い出があると話す坪田氏は「ラストの展開はこうしたいんです。って話したけど、なかなか納得してもらえなくて。大体、シナリオ打ち合わせの後は飲みに行くことが多かったので、明け方になって井内さんがっかなり酔っぱらってる時に“やりたいようにやっていいよ”と言われたことが忘れられないです(笑)。3年間毎週そんな日々を送っていました。」と振り返った。

思い出の話数について聞かれると菱田監督は「個人的には第1話はものすごく苦労して作った思いがあるので、これをみなさんに観ていただくのはいつも辛いなという気持ちがあります。設定が少し定まってない苦悩が出てしまっていますね。」と話し、坪田氏は「私はやはり先ほども話した最終話が一番思い出に残っていますが、第5話(私の歌は色?トリドリーム)のコウジのところは監督から何度も書き直しが入りましたね。コウジのキャラクター的になるちゃんのあんなにハッピーな曲(「ハート?イロ?トリドリ~ム/綾瀬なる」)を作るのかなって(笑)。自分で仮歌入れてるんだよ!?ハーピーハーピーって。笑」と話すと会場は爆笑に包まれた。

最後に、坪田氏は「放送終了から3年も経って、こんなに皆さんが集まってくれて、またお礼が言える機会をいただいて本当に嬉しいです。これからもプリズムの煌めきがずっと続きますように。」とコメント。
菱田監督は「プリティーリズム・レインボーライブをご覧いただくと、キンプリが100倍楽しめると思います。また、オーロラドリーム、ディアマイフューチャーも続けてご覧いただくとキンプリの新作がもっと楽しめると思うので、ぜひお楽しみください。」と、これを言ったらスタッフに怒られちゃうかなとお茶目な顔を見せながら会場を後にした。

なお、「プリズムの煌めきを、あなたに!夜のプリティーリズム・レインボーライブ」4週連続一挙上映会!!の第2夜以降のチケットはKINEZO EXPRESS及び、劇場窓口にて販売中だ。

1.jpg

公式サイト

画像一覧
 
 
 
HUGYUTTO